図書館協議会

図書館協議会が開催されましたので傍聴いたしました。

今回は豊中市立図書館における中央館構想について議論がなされました。豊中市には中央図書館がありませんので、例えばレファレンス等をより充実させるために中央館を作ることが有意義ではないかということだと思います。市民が図書館に求めているサービスと市立図書館が目指す姿にかい離が生じないよう注意深く見ていく必要があります。

また、今年度実施予定の利用者アンケートの案の説明等もなされました。質問事項案の中には「今後、市立図書館がコストをかけて重点的に取り組むべき課題は何だとお考えですか」という趣旨の項目もありました。私は図書館は市の大事な事業だと考えますが、市では行財政改革推進の観点から事務事業見直しの対象とされており、今後も図書館予算の大幅な増加はなかなか見込めないかもしれません。当たり前の話ですがコストをかけて何かに重点的に取り組むならば、別の部分でコストの削減を図る必要が出てきます。