平成23年 9月13日建設水道常任委員会

[ 平成23年 9月13日建設水道常任委員会-09月13日-01号 ]

◆委員(花井慶太) 花井慶太でございます。私からは、豊中市立自動車駐車場条例の一部を改正する条例の設定についてお尋ねします。
まず、現在の服部西自動車駐車場の現在の年間収支について教えていただけますでしょうか。
◎都市基盤部次長(甫立浩三) 平成22年度の決算は、使用料収入835万7,000円、歳出646万9,000円で、歳入歳出差引きは188万8,000円の黒字となっております。
◆委員(花井慶太) ありがとうございます。
一応黒字ということなんですけれども、こちらのほうには、人件費の案分というか、そういったものはされているのでしょうか。人件費をもし考えた場合の収支についてご説明いただけますでしょうか。
◎都市基盤部次長(甫立浩三) これにつきまして、あくまで案分というか、想定でございますけれども、特別会計の中での人件費は約900万円ございます。管理している駐車場が5駐車場ありますんで、1駐車場当たり180万円ということで、収支的にはちょうどプラス・マイナス・ゼロかなという形で考えております。よろしくお願いいたします。
◆委員(花井慶太) ありがとうございます。
続きまして、現在の服部西自動車駐車場の利用状況を教えていただけますでしょうか。
◎都市基盤部次長(甫立浩三) これにつきましては、平成12年度をピークに減少傾向にありますけれども、平成22年度の利用台数は2万6,237台、平成18年度は3万9,080台で、5年前と比較して約33%の減となっております。
◆委員(花井慶太) ありがとうございます。
やはり駐車場の利用状況かなり減っていると思うんですけれども、もう一つ1日平均の服部西自動車駐車場のほうの利用時間別の台数というのをちょっと。利用時間別というのは、例えば1時間だけ利用したりとか、かなり長時間、5時間以上とか、そういったところの時間別の台数を教えていただけますでしょうか。
◎都市基盤部次長(甫立浩三) 時間別の利用台数ということなんですけれども、今回の条例改正に合わせまして、本年の6月に一たん調査をしております。1週間の平均値になるかと思うんですけれども、1時間未満の、それこそ短時間の利用者が約70%ぐらいございます。台数にして50台になっております。1時間から2時間半ぐらいまでの利用台数なんですけれども、これが17台で約24%、2時間半から5時間未満が4台、約6%、5時間以上のいわゆる長時間利用者は1台で約1%、合計で大体72台ぐらいの平均値がございます。
◆委員(花井慶太) ありがとうございます。
比較的短時間の利用が多いということで理解いたしました。
それで、今回の値下げによって服部西自動車駐車場のほうかなり値段が安くなり、「20分100円」から「30分100円」に改正ということで値下がりするんですけれども、今回の値下げによって服部のほうの利用率の改善とか収益の改善が図られるということでしょうか。
◎都市基盤部次長(甫立浩三) 今ちょっと申し上げました実績値に対して、今回値下げで約3割ほどの値下げにはなるんですけれども、先程言いました長時間利用以外の利用なんですけれども、約30%程度の利用増を見込んでおります。
◆委員(花井慶太) 長時間の利用、5時間以上とかっていうところの利用については、どれぐらいの増加が見込まれるということでしょうか。
◎都市基盤部次長(甫立浩三) 現行、今の料金体系では1台の利用ございますんで、もう2台プラスの3台を見込んでおります。
◆委員(花井慶太) ありがとうございます。
収益の算定というか、この3割増加とか、長時間の5時間以上の利用数っていうのも少しふえるということなんですが、これは何か具体的な需要予測っていうのはされてないっていうことなんで、想定ということで承知をいたしました。
続きまして、料金の表示についてお尋ねいたします。
先日、現地のほうを見に行かせていただきました。それで、入口の料金表示ですね。緑地公園駅西自動車駐車場のほうにしても、服部西自動車駐車場のほうにしても、自転車の駐輪場かと思うぐらい、何かわかりにくいというか、小さいもので、非常にちょっとわかりにくいと思いました。今回の改定に際して、表示について何か対応をとられる予定があるか、教えていただけますでしょうか。
◎都市基盤部次長(甫立浩三) 表示の仕方でございますけれども、駐車場には当然新料金を記載した看板とか、また横断幕等を考えております。
◆委員(花井慶太) ありがとうございます。
もう少し具体的に、その料金表示の看板、民間で言えば、かなり派手なというか、そういった看板出してはるとこもあると思うんですけれども、そういったところまでお考えかどうかを教えていただければと思います。
◎都市基盤部次長(甫立浩三) 今、準備をしている最中でございますけれども、今ある現行の料金表示のほかに、今回の料金改定に関わりましては、入り口に新たにパネルを設置したいと思っております。高さが約1メートル20センチぐらいのパネルを考えております。
それ以外に、先程言いました横断幕というのは、服部西自動車駐車場で言いますと、幅で約4メートルぐらいのかなり大き目の横断幕で、ちょっと目立つような表示を考えておりますので、よろしくお願いいたします。
◆委員(花井慶太) ありがとうございます。
せっかく値下げされて、競争力をつけようということですから、民間と同じように、わかりやすい表示をされるように要望いたします。
続きまして、最後になりますけれども、服部西自動車駐車場の今後について教えていただけますでしょうか。すなわち、あの場所で将来にわたって市営の駐車場を維持される予定なのでしょうか。
◎都市基盤部次長(甫立浩三) 先程ちょっと申しましたように、服部西自動車駐車場につきましては、駐車場用地として豊中市土地開発公社から買い戻すために27年度までは償還を行っております。それまでにつきましては、とりあえず今は効率的な運営を図りながら収入確保に努めていきたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。
◆委員(花井慶太) ひとまず、27年度まではできるだけ収入の確保に努められるということで理解をさせていただきました。
28年度以降につきましては、今後の市有財産の見直し等で検討されるということでよろしかったでしょうか。
◎都市基盤部次長(甫立浩三) このあたりは、今後全庁的に利用があるのかないのかも含めて検討はしてまいりたいと思いますので、よろしくお願いをいたします。
◆委員(花井慶太) ありがとうございます。
以上をもちまして質問のほうを終わらせていただきます。