今年度は市長改選期ということで、3月議会でのいわゆる骨格予算につづいてこの7月議会では新たな政策的経費や新規事業を含んだ肉付け予算が審議されます。