カテゴリー別アーカイブ: 議会

空港問題調査特別委員会

昨日開かれた防災対策調査特別委員会に続き、本日は私が本年度所属する空港問題調査特別委員会が開かれました。

空港室の方から、大阪国際空港(伊丹空港)と関西国際空港との経営統合に向けた経緯、平成23年度環境対策事業、大阪国際空港の運用状況(騒音測定値、臨時便運航計画等)、大阪国際空港周辺都市対策協議会(11市協)の平成23年度運動方針、空港を活かしたまちづくり、空港周辺緑地、騒音公害の防止を目的とした土地買収による移転跡地の有効活用について説明がなされたあと、各委員から質問、要望がなされました。

私は、11市協の運動方針における「空港間の連携をはかる」ということの意味と、空港を活かしたまちづくりの内容について質問させていただきました。

空港間の連携とは関空、神戸、大阪国際空港(伊丹空港)の役割分担を図ることを意味し、大阪国際空港は国内線の基幹空港としての役割を果たすべきという意味であるとの空港室の方の説明でした。

空港をいかしたまちづくりの内容は、現在市長が行っている「就航都市間交流」や空港における雇用の創出等がその中身であるとの説明がなされました。

なお当日の資料である「大阪国際空港問題の概要」によると、11市協は昭和39年大阪国際空港騒音対策協議会として出発しており、現在の豊中市議会における空港問題調査特別委員会は昭和42年に公害対策特別委員会として発足しています。

また、御存じの通り航空機騒音訴訟も長年にわたり行われてきました。

こういった歴史をふまえながら、大阪国際空港問題に取り組む必要があると改めて思いました。

防災対策調査特別委員会

本日、本年度設置された特別委員会の一つである防災対策調査特別委員会が開かれましたので、傍聴いたしました。

市職員の方から、現行の豊中市地域防災計画の概要等につき説明があった後、各委員の方の質問、要望などがなされました。

今後委員会では「豊中市地域防災計画」についての調査を行っていきます。

7月臨時会

本日、午後0時45分より全国市議会議長会の永年勤続表彰(20年表彰)の伝達があり、今期6期目の自民党の喜多議員に表彰状等が議長より手渡されました。

その後、午後1時より7月臨時会が行われました。

まず特別委員会を設置することについての決議2件ついて議決されました。

今年度は①空港問題調査特別委員会②防災対策調査特別委員会が設置されることになり、私は空港の方に入ることになりました。②については今年度初めて設置されるもので「豊中市地域防災計画」についての調査をおこないます。

続いて、2件の専決処分の報告について議決しました。

1件は東日本大震災で亡くなられた市民の遺族の方に対する災害弔慰金の支給に関する補正にかかる予算措置についてのものであり、一つは500万円、もう1つは250万円の支給がなされるものです。亡くなられた方が世帯の生計を維持されている方か否かにより支給額に差が出ます。財源は国2分の1、府4分の1、市4分の1となっています。

もう1件の専決処分は法改正に伴う条例の引用条項の整備をおこなうものです。

最後に補正予算が一件議決されました。緊急雇用創出基金事業、障害者雇用促進モデル事業に関する予算で、前者では短期的なものではありますが新規で34人の雇用が創出されます。後者では中小企業グループによる障害者雇用の促進と中小企業振興をめざしたモデル事業を実施します。財源はいずれも府支出金となります。

以上につき議決がなされ1時30分過ぎに閉会となりました。

このあと、上記の特別委員会が招集され、委員長、副委員長が選出されました。

本会議4日目(最終日)、常任委員会

第4日(最終日) 午後1時~午後3時8分(途中1時間ほど常任委員会の開催あり)

本会議

主な内容①各種委員の決定、各種ポストの決定
常任委員、議会報編集委員、競艇組合委員、クリーンランド議員、老人ホーム組合議員、民生委員推薦会委員、都市計画審議会委員、青少年問題協議会委員、農業委員会委員、淀川右岸組合委員について決定がなされました。

②監査委員選任の同意
議員枠2名についての同意がなされました。
監査委員については先日、大阪府議会で議員が監査委員に就くことの問題点が指摘され議員枠が2名から1名に
減らされました。豊中市においても今後の検討の余地があると考えます。

③監査委員選任の同意
監査委員は議員のほか、識見を有する者からも選ばれます。今回は久岡眞佐代氏が前回平成19年6月~に引き続き
再任されることになりました。

④教育委員会委員任命の同意
教育委員会委員5名のうち任期満了を迎える1名について新たに奥田至蔵氏が任命されることについて同意をしました。
⑤各種専決処分の報告
専決処分は議会の閉会中に議決をすべき事項が生じたが議会を招集する時間的余裕がない場合に市長が先に当該事項につき決済を行い、事後に開かれる議会にて報告をし議会の承認を得る手続です。今回は4つの専決処分につき報告がなされ議会の承認を得ました。

ということで、今回の議会は議長、副議長等のポストを決めることが中心となりました。
計4回の本会議が開かれましたが、基本的には各会派で事前に調整を図っていますので、本会議ではスムーズに決定されていきます。ですので、議会を傍聴された方はあっけにとられるかも知れませんがあっという間に本会議は終わってしまいます。もちろん事前の調整にはそれなりの時間がかかります。

私は今年度、常任委員会は建設水道委員会に所属することになりました。
他に老人ホーム組合議員、都市計画審議会議員にも就くことになりました。

常任委員会
本会議休息中に開かれました。
私が今年度所属することになった建設水道常任委員会では、委員長、副委員長が互選されました。
そして7月に視察を実施することについて議論がなされました。

その中では、視察を行った後別途委員会の皆で議論をする場を設けたり、市民の皆様に向けた報告会的なものを

開いてはという意見等が出されました。

視察行き先等については委員が案を出すことになりますので早速案を考えます。

本会議3日目

第3日目の本会議が午後1時から開かれました。
主な内容① 議席の指定
事前の調整のとおりに議席を決めました。
私は最前列で議長席に向かって一番左側となりました。
②副議長の選挙
副議長を出したい会派間の調整が完全には着かなかったものの、選挙の結果、自民党の上垣議員が副議長に選出されました。

本会議2日目

第2日の本会議が午後1時~午後1時18分ごろまで開かれました。

主な内容① 議長の選挙
公明党の片岡議員が議長に選出されました。

なお、私は、議会の運営については議長の考え方によるところが大きいのではないかと考えており、未来とよなかでも、せめて議長が決まるまでに各候補者の方の議会運営の方針などをお聞かせいただけたらという考えを持っています。そして会派としてそのような要望を出したのですが残念ながら今回は実現できませんでした。

議会終了後三日目までに水面下で副議長の人選について調整が行われます。

本会議初日

いよいよ本会議初日です。

第1日 5月17日午後1時~数分程度
主な内容①会期の決定
今まで豊中市議会において5月議会は議長等各種ポストを決める役選議会とされてきました。議員の個人質問を実施するかどうかについて各会派に見解の相違があり(私の所属する未来とよなかは、実施に賛成)残念ながら今回の議会でも個人質問は実施されませんでした。個人的には少しでも多く議会が市政をチェックする機会を設けるべきという見地から5月議会においても個人質問を行うべきと考えています。来年以降も引き続き個人質問の実施を訴えていきたいと考えています。
②議長の選挙
選挙に入りますという趣旨の一言で本日は終了しました。
この後水面下で議長にだれが就任するかについて各会派での協議がなされます。