本日、防災対策調査特別委員会が開催されました。
危機管理室から今年度の取り組みの説明のあと各委員からの質疑がありました。
今年度の新規の事業には主として以下の様なものがあります。

  1. 内水氾濫を含めた「洪水ハザードマップ」の作成
  2. 災害時要援護者避難支援プラン(個別計画)の策定
  3. 避難所運営マニュアルの作成支援
  4. 同報系無線拡声子局の増設(東寺内)とモーターサイレンの増設
  5. 大阪府防災行政無線の再整備
  6. 備蓄倉庫配置計画の策定

避難所運営マニュアルの作成支援については今年度は23の小学校区単位の自主防災組織を中心に支援をおこなって行くことになります。

その際には「避難所運営ゲーム」の活用などを通じて自主防災組織での具体的な議論を深めていただく必要があると思います。