党大会出席のため昨日から東京に出てきてましたので、今日は以前から現場を見ておきたかった亀戸の自転車道を視察してまいりました。

写真の真ん中が自転車専用道となっています。自転車道の中では双方向通行ですが、それほど幅があるわけではないので、すれ違うときは意外と自転車同士の接触の危険を感じます。

また自動車道と自転車道は柵により仕切られていますので、自転車の安全はより確保できますが、自動車の荷下ろしに支障は生じてしまいます。

さらに自転車道があるところでは自転車は歩道を走行してはいけないのですが、写真でもあるように、結構歩道を走行する自転車も多く見かけました。
全国で自転車走行モデル事業が実施されましたが、亀戸の例はあまり評判がよくありません。

地域の事情にもよりますが、「自転車道」ではなく「自転車レーン」を車道に設ける手法が理想的であると考えます。

ちなみに茅場町ではこのように歩道上で自転車と歩行者の通行部分を分離する形での整備をされているところもありましたが、このような区分は自転車、歩行者共に守らないことが多く整備費のムダ遣いのような気がします。