豊中市長選挙が行われました。

4月22日豊中市長選挙が行われ、大阪維新の会公認の中川隆弘候補については厳しい結果となりました。

しかし市民目線から乖離した市長ー議会ー職員組合のなれ合い・もたれあいのぬるま湯政治に不満を感じておられる方が多いことは改めて認識することができました。

さて、やはり投票率が従来通り国政選挙に比べて低く、36.92%でした。有権者3人に1人しか投票に行っていただけなかったのが何より残念です。

地方選挙は国政と違いマスコミに取り上げられることが極めて少ないため、そもそも有権者の皆様の関心が薄いこともあります。また陣営の活動が不足していたり、政策内容にご不満がある、そもそも政治家は信用できないので投票しないといったところも原因としてあると思います。

いずれにしても、有権者の3分の2もの皆様に投票に行っていただけないのは、私たち政治の世界に携わっているものの力不足です。今回市長選挙に行っていただけなかった方々に次の地方選挙では足を運んでいただけるよう努力してまいります。

大阪府議会議員補欠選挙

今回の府議会議員補欠選挙に市議会議員の植田まさひろさんが立候補されています。

植田さんとは今期、維新市議団で一緒に仕事をさせていただきました。また29年度には維新市議団の幹事長をしていただきました。29年度は議会で色々なことがあり幹事長は大変だったと思います。しかし幹事長会、議会改革等運営委員会において、私なら折れてしまいそうなところを、しっかりとスジを通してわが会派の主張をしていただき、また他会派との協議にあたっていただいたことに感謝しております。

大阪府議会議員補欠選挙は市長選挙と同日の4月22日(日曜日)が投票日です。

豊中市長選挙が近づいてきました

いよいよ今度の日曜日から豊中市長選挙が始まります。

市民の皆様も駅頭などで活動中の候補予定者をお見かけされているかもしれません。

今朝、市役所に行くと職員通用口の前に、ある候補予定者が立たれて、出勤される職員さんにご挨拶されていました。

市民の代表か、役所の代表か。

豊中市長選挙は4月22日投開票です。

行革トップランナーランク 豊中市はAランク→ 大阪府、箕面市はAAAランク

豊中市長選挙が近づいてきました。

各候補予定者のチラシなどをご覧になられた方もいらっしゃるかと思います。

ある候補予定者のチラシには豊中市は行革トップランナーランクでAランク評価を受けているということが書かれています。

豊中市は行革が進んでいるということをおっしゃりたいのだと思います。

Aランクというのは最高ランクのように見えますが、実は上にAAAとAAがあります。大阪府はAAAです。お隣の箕面市もAAAです。Aランクで満足しているようではダメだと思います

 

活力ある都市ランキング調査で大阪府内2位とありますが、1位は箕面市です。またシティブランドランキング、大阪府内で2位とありますが1位は吹田市です。隣の市に遅れをとりながら、満足しているようではダメだと思います。

なお、同じ日経BP総研で自治体子育てランキングというのも発表してまして、関西エリアトップ10に豊中市はランクインしていません。ちなみに大阪府内の4市がランクインしています。このままでは豊中市は子育て世帯から選ばれなくなってしまうのではないか危惧します。

豊中市長選挙 公開討論会

4月7日(土曜日)に 一般社団法人豊中青年会議所様が来る4月22日投開票予定の豊中市長選挙にむけて、候補予定者による公開討論会を開催されます。

こういった場を作っていただいていることに、一有権者としても感謝をいたしております。場所等詳しくはコチラをご覧ください。

とよなか維新ニュース

3月31日、新聞折込にて、大阪維新の会豊中市議団の議会報告である「とよなか維新ニュース」をお届けいたしました。

なお今回の市議会報告のチラシについては、政務活動費は使用しておりません。

定数削減と補欠選挙のあり方について

先日閉会しました3月議会では、現在36人の豊中市議会の議員定数を34人に削減することが決まりました。これにより2019年春に行われる市議会議員選挙では定数34人にて選挙が実施されます。

この4月には豊中市長選挙、大阪府議会議員選挙の補欠選挙が行われますが、市議会議員選挙の補欠選挙が行われるかは未定です。

しかし来年の本選挙では定数が2人減ることは決まっており、市議会補欠選挙が今回行われなければ、欠員分の議員報酬を節約できるのでいわば身を切る改革を前倒しで実現できる上に、補欠選挙の費用を節約できますので、市の今後ますます厳しくなる財政に備えていくという観点からは好ましいと言えます。

なお市議会の補欠選挙が行われるかどうかは、府議会議員補欠選挙に挑戦されようとする現職市議会議員がいつ議員辞職するかにかかっています。

 

中川隆弘大阪府議会議員が豊中市長選挙に大阪維新の会公認で出馬する旨表明しました。

中川隆弘大阪府議会議員が記者会見を行い、大阪維新の会公認にて4月22日投開票の豊中市長選に挑戦する旨表明いたしました。

「今こそ変えよう豊中 〜とよなかリノベーションの推進」

というタイトルで取り組むべき政策の大綱をお示ししました。