本日、千里中央地区活性化ビジョン策定委員会が開催されましたので傍聴いたしました。

ビジョン策定の対象である千里中央地区は民間が所有している部分が多いので、当然ながら民間事業者の意向が重要になってきます。

それゆえ、民間事業者にも委員になっていただいております。

ただビジョンのたたき台は市が作成するわけで、先ほど書きましたとおり千里中央地区は民間が所有している部分が多い以上、その内容は当たり障りのないものにならざるを得ません。市が民間の持つ土地についてあれこれいうことは難しいからです。

そして、その様な当たり障りのないビジョンに対して意見を求められても、事業者委員としては意見の言いようがないと思います。

現に事業者委員の発言はほとんどありませんでした。

発言のほとんどは、学者委員の方だったと思います。