本日は兵庫県明石市内の高校で、スケアードストレート方式による交通安全教室が行われましたので見学にお伺いさせていただきました。

スケアードストレートは恐怖を実感することで、それにつながる危険行為を未然に防ぐ教育手法です。スタントマンさんが実際の交通事故を再現することにより、その怖さを体感し交通安全の意識を高めようとするものです。

自転車と自動車がぶつかる衝撃音や、ぐちゃぐちゃになった自転車に固唾をのみながら見学させていただきました。ビデオ上映での交通安全教育とは交通安全啓発効果はぜんぜん違うと思います。生徒さん達も真剣に見入っていました。

議会でも提案させていただいておりますが、この交通安全教育手法は効果があると思うのでぜひ豊中市でも実施していければと思います。

午後からは大阪市内でみんなの党大阪地方議員有志による政策勉強会に参加しました。