平成24年6月1日から豊能地区3市2町(豊中市、池田市、箕面市、豊能町、能勢町)で図書館の広域利用(試行)がスタートします。なお箕面市、吹田市との間ではすでに試行されていました。

ところで広域な取組を行う際、気になるのは自治体間の公平性です。
自治体間でのバランスが取れていないと、他自治体の施策へのフリーライドという問題が生じかねません。

豊中市の図書館蔵書をより充実させていく必要があると思います。