日本維新の会とみんなの党との参議院選における選挙協力に関連して様々な報道がなされています。

大事なことは、公務員制度改革などの行政改革、統治構造の改革を実現するためにはどう動くべきかということだと思います。今回の動きしだいでは、改革に消極的な勢力を利するだけの結果に終わってしまう可能性もあります。

元経済企画庁長官の田中秀征氏の、みんなの党の使命に関するコラムへのリンクを貼らせていただきます。