本日は日本高齢者虐待防止学会の市民講座に参加しました。
認知症高齢者を抱えた家族や施設における様々な高齢者虐待の悲劇は全国各地で発生していて、深刻な社会問題となっています。
今回は認知症高齢者の虐待を防ぐまちづくりをテーマにシンポジウムが行われました。
「安心して徘徊できるまちづくり」といういささか刺激的なスローガンを掲げて、まちづくりに取り組む自治体もあり、豊中市でも参考になる施策が紹介され興味深く聞かせていただきました。
豊中市では高齢者虐待については、地域包括支援センターが中心となって取り組んでいます。
行政だけでは取り組みに限界がありますので地域ぐるみでの活動が必要です。