平成26年度の人事院勧告が出されています。地方公務員の給与に対しても影響力があります。月給、ボーナスとも7年ぶりのプラス改定となります。