財務省の発表によりますと国の借金残高が6月末で1008兆6281億円となり始めて1000兆円の大台を超えたとのことです。

朝日新聞の記事にあるグラフをみると、90年代から税収は右肩下がりですが、歳出は右肩上がりで増えています。バブル崩壊後やリーマンショック後の景気対策や社会保障費の増大により、この20年間で借金が大きく積み上がっていることがわかります。