本日、19時より 南部地域活性化市民会議が庄内公民館で開催されましたので傍聴させていただきました。

1
11月7日に行われたラウンドテーブルの報告

当日は子育て、学校教育、キャリア教育について意見交換がなされました。

2
(仮称)南部コラボセンター基本構想(骨子案)の説明

3
2の説明のあと意見交換がなされました。下記のような質問、意見がありました。

「南部地域がまとまる、つながる、元気になる」のキャツチフレーズのうちまとまる、の意味合いは?

サテライトでの機能は?
公民分館の位置づけは?

ブランドづくりは本当にできるのか?

学教審答申等との整合性は?

豊南の委員は1人しかいないのでは?まとまるという意味では、委員を広げてもいいのでは?

何の拠点を目指す?

何で、南部地域の特色を打ちだすのか

住みやすいまち目指すべき

職住近接の考え方は良い。
住みたいまち、働きたいまち 両立させること大事なのでは?

などです。

南部コラボが施設ありきの議論にならないように、このような意見交換の場は大事になります。また、基本構想についても市有施設、学校施設の再編をいかに進めていくのかということだけにならないようにしなければなりません。