午後6時半より岡町図書館にて図書館協議会が開かれましたので、傍聴してまいりました。

今回から委員の一部に変更がありました。学識経験者枠では京都産業大学文化学部客員教授の岸本岳文氏、大阪大学大学院人間科学研究科教授の渥美公秀氏が新たに選任されています。岸本氏については滋賀県立図書館(以前の協議会のなかで話題に上がっていたとおもいます)の館長をされていた先生です。渥美氏はボランティア行動学の研究に取り組まれております。主な著書に「災害ボランティア論入門」編著(弘文堂)などがあります。また豊中市では社会教育委員もつとめられています。

なお岸本氏は県立図書館長時代には、県立図書館の性格をふまえ図書資料費を確保すべく非常勤職員の雇用を控え、開館日も減らす取り組みをされたと仄聞しており、協議会でのご発言が注目されます。

今回、施設配置の在り方についてについての諮問が出されましたので、今後協議会での答申が出されます。なお次回は11月26日に開かれる予定です。