大阪市中央区内で全長500mの自転車レーンが整備されます。

大阪市内では初めてということです。歩行者の安全を守るために大事な取り組みです。

ただ、今回整備される箇所は本町通りで荷物の積み下ろしが多い場所です。

私が見学に言った時も、自転車レーン内に10台以上の駐車がありました。

近くに東警察署がありますので、駐車禁止の取り組みがどれだけできるかが今後の課題になってくると思います。

ところで、気になるのは費用面です。

自転車レーンの施工方法には、カラー舗装化や自転車のマーク(ピクトグラム)を設置する方法がありますが、3月の建設水道委員会での私の質問に対する市の答弁では、100メートルの片側路肩をカラー舗装する費用は約90万円、同じ区間に2カ所ピクトグラムを設置した場合で約3,000円とのことです。

厳しい財政状況、今後の少子高齢化を踏まえるとコストを抑える必要があるので、ピクトグラムの設置が現実的なのではないかと考えます。

 

 

本町通にて       ピクトグラムの例