先日行われました決算委員会でも質問しましたが、表題の場所(上野新田線)を自転車で暴走し歩行者にぶつかるなどの事例を市民の方からお聞きします。

市としては啓発用の看板を数か所設置していますが、一本西側の同様の坂道(千里園熊野田線)に設置されている物に比してかなり小さいもので分かりにくいものとなっています。

上野新田線の看板

 

 

 

 

 

千里園熊野田線の看板

 

 

 

 

南町3丁目バス停 バス停付近のみ歩道が狭められている。

 

 

 

また、啓発用看板だけでは実効性が低いことは否めません。

市内の他の坂道では自転車の減速を促すために歩道上にU字の障害物を設けている個所もあります。特にここの坂道では、途中に南町3丁目阪急バス停があり歩道が狭くなっているうえに利用者が歩道上に滞留していますので夜間など特に自転車との接触事故の危険があると考えます。

地元住民の方々の御意見も様々だとは思いますが、歩行者の安全確保のためにも啓発看板だけではなく物理的な対策も必要と考えています。