ニュースなどをご覧になられて、市の特別定額給付金の支給手続きが他自治体に比べて遅いのではないか、といった内容で市民の方からお叱りのお声をいただいております。

大阪府下の市(政令市を除く)の給付スケジュールがどのようになっているか調べた際にまとめた表を下に貼ります。(変更等があるかもしれませんので実際に申請される際には必ず最新の市公式ホームページ等でご確認ください。)

5月18日に開かれた議会においても特別定額給付金の支給手続きについての議会から市への様々な質疑がありました。(数日中には本会議の録画を市議会HPよりご覧いただけます。)

市としては、正式にこの制度の通知を受ける前より例えば郵送用封筒の手配の準備をするなど、できるだけ早く市民の皆様に給付できるように取り組んでいるといった趣旨の答弁がありました。

とはいえ、他市に比べると給付のスケジュールが遅いようにも見えてしまいます。オンライン申請について給付を早められないか、申請用紙の郵送をもう少し前倒しできないか。新型コロナウィルスの感染拡大による影響で経済的に本当に困っておられる方に一日、一時間でも早く支給されるよう、市の職員の方々にさらなるご努力をいただきたいです。

 

[table id=1 /]

各市によって給付スケジュールにばらつきがあります。

1 オンライン申請をいつから受け付けるか。いつから郵送開始するのか。

2 オンライン申請にもとづく給付を郵送方式よりも先に始めていくか

3 オンライン申請と郵送申請以外に可及的速やかに給付を進めるための独自の手続きを実施するか

など異なっています。

○四條畷市長が「なぜ10万円給付に時間がかかるのか」という記事を発信されております。豊中市は人口も多いですし、この記事でいうところの基本方針の分類でいえば①の全体最適型をとっていると思います。この方針をとる中でいかに具体の給付を1日でも早めていけるのかということになります。