各種報道のとおり、みんなの党は昨年12月に国会議員14名の離党者を出し事実上分裂をいたしました。そして江田憲司衆議院議員を代表とする結いの党が結党されました。

私は昨年12月にみんなの党を離党し、そして本日、結いの党に入党いたしました。

結いの党はあくまでも政策の一致を前提とした政界再編を目指しており、そのためには党の発展的解消も辞さない覚悟です。現在の衆議院小選挙区制の元では2大政党制になりやすいといわれます。自民党の「一強多弱」といわれる政治状況のなかで、政治的方向性、政策の一致を前提とした再編により政権交代可能な改革勢力を作っていく必要があると思います。引き続きしがらみのない立場で行革に取り組んでまいります。