早稲田大学マニフェスト研究所が実施している議会改革度調査の2013年度の結果が公表されています。

豊中市は300位以内に入っていませんでした。300位以下の自治体は個別のお問い合わせということですので、問い合わせしてみました。結果は・・・

積で583位、和で624位です。個別の順位では情報公開が430位、住民参加が684位、機能強化が679位でした。

なおランキングの説明をあげておきます:
・「情報公開」「住民参加」「機能強化」3カテゴリそれぞれの点数を足し合わせた値が「和」、乗算(掛け算)した値が「積」となります。
1項目だけ高い/低いといった場合はバランスよく加点されている場合と比べ、「和」が同点であっても「積」は低くなります。
マニフェスト研究所では「積」の値でランキングを作成しています。(合計の「積」は1/1,000にして表示しています)
・調査回答議会は全地方議会の80.7%にあたる1,444議会です。上位300議会は「全回答議会の上位20%」と言えます。
・平均点/配点は以下の通りです。
合計    539.2/2,255(和) 8,837,363/346,666,125(積)
区分別  情報公開 169.5/705   住民参加 160.4/445   機能強化 209.2/1,105

こういったランキングはほかにも日経で実施されています。何を議会改革の指標とするか、その配点を幾らにするかなどで順位は変わってくると思いますが(調査概要参照)、結果を見る限り住民参加、機能強化については課題が大きいといえます。