本日の新聞報道によりますと、 福岡市議会は、本会議を録画した動画を動画サイト「ユーチューブ」を通して配信するとのことです。

豊中市議会では本会議につきすでにライブ中継がなされていますが、委員会はまだ実現できていません。

コストがネックになるといった考え方もあります。確かに本格的な中継システムを構築するならば相当高い費用がかかる恐れがあります。

しかし、今回報道された福岡市議会の場合、初年度の予算はホームページ作成や機器整備費などに13万6千円。来年以降は、パソコンリース料の5万円とのことです。

既存の機材やシステムを用いることにより、さらに低コストで運用できる可能性もあると思います。

ユーチューブやユーストリームなどといったサービスを利用すれば驚くほど手軽に動画配信できる時代になりました。

ぜひとも、このようなサービスの利用により豊中市議会でも委員会中継を実現できればと考えています。