第4日(最終日) 午後1時~午後3時8分(途中1時間ほど常任委員会の開催あり)

本会議

主な内容①各種委員の決定、各種ポストの決定
常任委員、議会報編集委員、競艇組合委員、クリーンランド議員、老人ホーム組合議員、民生委員推薦会委員、都市計画審議会委員、青少年問題協議会委員、農業委員会委員、淀川右岸組合委員について決定がなされました。

②監査委員選任の同意
議員枠2名についての同意がなされました。
監査委員については先日、大阪府議会で議員が監査委員に就くことの問題点が指摘され議員枠が2名から1名に
減らされました。豊中市においても今後の検討の余地があると考えます。

③監査委員選任の同意
監査委員は議員のほか、識見を有する者からも選ばれます。今回は久岡眞佐代氏が前回平成19年6月~に引き続き
再任されることになりました。

④教育委員会委員任命の同意
教育委員会委員5名のうち任期満了を迎える1名について新たに奥田至蔵氏が任命されることについて同意をしました。
⑤各種専決処分の報告
専決処分は議会の閉会中に議決をすべき事項が生じたが議会を招集する時間的余裕がない場合に市長が先に当該事項につき決済を行い、事後に開かれる議会にて報告をし議会の承認を得る手続です。今回は4つの専決処分につき報告がなされ議会の承認を得ました。

ということで、今回の議会は議長、副議長等のポストを決めることが中心となりました。
計4回の本会議が開かれましたが、基本的には各会派で事前に調整を図っていますので、本会議ではスムーズに決定されていきます。ですので、議会を傍聴された方はあっけにとられるかも知れませんがあっという間に本会議は終わってしまいます。もちろん事前の調整にはそれなりの時間がかかります。

私は今年度、常任委員会は建設水道委員会に所属することになりました。
他に老人ホーム組合議員、都市計画審議会議員にも就くことになりました。

常任委員会
本会議休息中に開かれました。
私が今年度所属することになった建設水道常任委員会では、委員長、副委員長が互選されました。
そして7月に視察を実施することについて議論がなされました。

その中では、視察を行った後別途委員会の皆で議論をする場を設けたり、市民の皆様に向けた報告会的なものを

開いてはという意見等が出されました。

視察行き先等については委員が案を出すことになりますので早速案を考えます。