交渉相手が複数いる場合に、一部の人は呑めなくもないが、他の人は呑めない条件を提示し、交渉相手の分断・弱体化を図るというのは、よくある話です。