新聞記事によりますと、国家公務員の退職金減額に伴い退職手当の減額がされる自治体では駆け込み退職をするケースが生じているようです。

それぞれの職員の事情があるので一概には言えませんが、経済合理性の観点だけでいえば駆け込み退職をすることは自然だと思います。

こちらの記事にあるように、駆け込み退職が生じれば行政サービスに悪影響が生じるような時期に退職手当を減額する方がおかしいという考え方もあります。もちろん、この考え方だと民間との較差を是正する時期が遅くなってしまいます。

他方で、自治体が行革で歳出を削る中経費を増やすことになる駆け込み退職は慎むべきであり、公務員として公共に奉仕する精神を最後まで全うすべきとする専門家の意見もあります。

ちなみに豊中市のおいては現段階では国家公務員の退職金減額に伴う退職手当の減額をしておりません。