補正予算を審議し可決されました。

1 新型コロナウィルスワクチン接種体制整備

→ワクチンが承認された場合に速やかに接種が可能となるように体制整備

2 不妊に悩む方への特定治療支援事業の拡充

→特定不妊治療(医療保険が適用されず、高額の治療費がかかる体外受精および顕微授精)に対する治療費の一部を助成する事業の拡充(対象夫婦・助成額・助成回数の拡充)